コンテンツ クレアシオンとは コンサート情報 会 員 お知らせ ホーム

2017年02月24日

第5回函館音楽祭記念オーケストラ演奏会

クレアシオンが後援しているコンサートのお知らせです。

A4たて_表面outline小.jpg A4たて_裏面2.jpg

【演奏予定曲目】
廣瀬 量平
函館賛歌

ヴェルディ
歌劇《運命の力》序曲

プーランク
2台のピアノのための協奏曲
 ピアノ 岡田 奏  類家 唯
ヴェルディ
歌劇《ドン カルロ》より〈世の虚しさを知る神よ〉
 ソプラノ 佐藤 朋子
ムソルグスキー
展覧会の絵( ラヴェル編曲版 )

指揮 中井 章徳
ピアノ 岡田 奏
ピアノ 類家 唯
ソプラノ 佐藤 朋子

4月30日日曜日
13:30開場 14:00開演
函館市 芸術ホール
函館市五稜郭町37-8  0138-55-3521

TICKET
(当日券500 円増)
一般 3,500 円
学生 1,500 円
取扱い店
● 函館市芸術ホール   55-3521
● 松柏堂市内各プレイガイド   23-2631
● 渇ヘ合楽器製造所函館ショップ 52-2468


◆ホームページで昨年の様子、最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/hmf0138/

お問い合わせ/函館音楽祭実行委員会事務局
   090-5951-1097
   yuipia@gmail.com
主催 : 函館音楽祭実行委員会
特別協賛: みなとまち皮膚科 菊地医院
後援 : 函館市  
    函館市教育委員会
    函館音楽協会
    函館新聞社 
    (株)ヤマハミュージックリテイリング函館
    (株)河合楽器製作所函館ショップ
    函館山ロープウェイ皆Mいるか
    NCVニューディア函館センター
    クレアシオン
posted by assai at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

高橋セリカ氏平成28年度の音楽協会奨励賞を受賞

新年から嬉しいニュースがとびこんできました。
このたび平成28年度の函館音楽協会奨励賞が発表になりました。
クレアシオン会員のピアニスト 高橋セリカ氏が受賞しました。
おめでとうございます!
今後の活動がますます期待されます。

函館音楽協会奨励賞は,函館市および近郊町村に在住又は存在する個人並びに団体を対象に,毎年前年12月1日から11月末日までの1年間の活動を対象として選考されます。当該年度中に作曲並び演奏活動において,意欲的且つ,特筆すべき高水準の実績を示し,郷土の音楽活動の推進力となった個人又は団体に対して授賞します。

表彰式は平成29年1月22日(日)午後6時30分より,五島軒本店にて行われ,
受賞者には賞状と記念品が授与されます。

また,受賞者は,平成29年5月27日(土)開催の春季定期演奏会(函館音楽協会主催 於:函館市芸術ホール)において,受賞記念演奏を行う予定です。


【授賞事由】
函館音楽協会奨励賞 高橋 セリカ氏:(たかはし せりか)ピアノ

氏は平成24年に入会以来一貫してピアノ伴奏活動に専心し、その確かなテクニックと卓越した表現力は多くの演奏者に支持されている。それは得意とする近現代の曲目において顕著であり、氏の伴奏で演奏した高校生が各種コンクールに出場し好成績を収めている。
特に平成28年度の函館音楽協会春季定期演奏会でのムーケ作曲「パンの笛」、公民館【丘の上の芸術祭】でのボルヌ作曲「カルメン・ファンタジー」等(いずれもFl松石隆氏との共演)及び函館音楽協会創立80周年記念演奏会での「風、そのフラグメント」より(佐々木茂作曲・ソプラノ増田朗子)は、意欲的且つ、高水準の演奏で伴奏ピアニストとしての存在意義を示したことが高く評価された。これからの函館の音楽文化振興の担い手として期待は大きい。
posted by assai at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

宍戸良子氏が平成27年度函館音楽協会奨励賞受賞

あけまして
おめでとう
ございます

昨年もクレアシオンのコンサートに
多数のお客様に足をお運び頂き
誠にありがとうございます。

本日の新聞に掲載されましたが、
クレアシオン会員の宍戸良子氏(リコーダー)が
平成27年度函館音楽協会奨励賞を受賞しました。
おめでとうございます。
今年も益々のご活躍が期待されます。

さて、クレアシオンは今年から
また新たな展開を迎えます。
近々今後のご案内ができると思います。

今年もクレアシオンを
どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by assai at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

平成27年度益田喜頓賞授与式

皆様

2015年11月3日(祝)10:00 より、函館市民会館 益田喜頓胸像前において、平成27年度益田喜頓賞授与式が開催され、「クレアシオン創立20周年記念演奏会 アンサンブルの精華」が受賞しました。
以下、スピーチの内容(一部修正)を載せます。
DSCF3241.JPG

DSCF3249.JPG

DSCF3250.JPG続きを読む
posted by assai at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

平成26年度(2014年度)クレアシオン会員の受賞!

あけましておめでとうございます。
昨年はクレアシオンにとって記念の年で
様々な演奏会を企画してきました。
今年もお客さまとともに質の高い演奏会作りをしていきたいと思います。
本年もクレアシオンをどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、2014年度、クレアシオン会員から
函館市文化団体協議会青麒章 次藤正代氏
函館音楽協会協会賞 松石 隆氏
函館音楽協会奨励賞 吉本有佑氏


が、それぞれ受賞しました。
おめでとうございます。

授賞理由については次の通りです。
続きを読む
posted by assai at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

「ヴォーカルアンサンブル・ノイン」が平成25年度の函館音楽協会奨励賞受賞

平成25年度の函館音楽協会奨励賞が発表になりました。

クレアシオンにたびたび出演しているヴォーカルアンサンブル・ノインが
このたび奨励賞を受賞されました。


おめでとうございます。

クレアシオンvol.79の演奏会の出演もすでに決まっております。
今後の活動・活躍がますます期待されます。

授賞事由はこちら・・・


続きを読む
posted by assai at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

新年のご挨拶

2014年
あけまして
おめでとう
ございます

昨年冬に78回目のコンサートが終了し
今年クレアシオンは80回を迎えます。

2014年、クレアシオンは創立20周年を記念し
毎回特別なプログラムで
演奏会をお届けする予定です。

vol.79は3月8日(土)ペルラにて
vol.80は7月6日(日)芸術ホールにて


開催予定です。

今年のクレアシオンを是非ご期待ください!
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by assai at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

函館音楽祭が益田喜頓賞受賞

クレアシオン会員の類家唯氏が代表をつとめ、開催した第一回函館音楽祭が
益田喜頓賞を受賞しました。
おめでとうございます。

益田喜頓賞とは
函館出身で演劇・舞台で活躍された故益田喜頓氏にちなみ、毎年、前年度に市民会館と芸術ホールで実施された事業で応募のあったものの中から、函館の舞台芸術分野において優れた活動を行った団体及び個人に対して「益田喜頓賞」を贈り表彰されているものです。

先日11月1日、授賞式が行われました。
DSCF0873.JPG

DSCF0879.JPG

函館音楽祭には
クレアシオン会員である類家唯氏を代表として類家なつき氏、
その他数名が運営、演奏に関わっています。
posted by assai at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

アンサンブル Neun(ノイン)金賞受賞!

10月6日に函館市民会館で開催された
第64回北海道合唱コンクールに於いて、
Ensemble Neunが室内合唱の部で
僅差で全国大会出場権を逃したものの
金賞・朝日新聞社杯(第2位)を獲得しました。
コープランドのHave mercy on us, O my Lord
と、10月4日に亡くなられた今年生誕80年だった
三善晃氏の「クレーの絵本」から
「あやつり人形劇場」「死と炎」を演奏しました。
いずれも、第76回のクレアシオンで演奏した曲目です。

翌日の函館新聞の掲載記事
neun-1.png

受賞おめでとうございます!
posted by assai at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

函館音楽協会・青麒章 表彰式

昨年末に行われた、文化団体協議会青麒章受章式の写真です。
受章者:畑中一映氏
P1100776.JPG P1100777.JPG 

P1100783.JPG P1100781.JPG

さらに、先日行われた函館音楽協会奨励賞受賞式の模様。
受賞者:中田久美子氏 増田朗子氏 類家唯氏
P1100884.JPG P1100904.JPG

P1100919.JPG P1100935.JPG

P1100953.JPG P1100965.JPG

P1100973.JPG


さらに青麒章の紹介もあり・・・
P1100980.JPG

祝賀演奏もクレアシオンメンバーでした。
P1100988.JPG

本当におめでとうございました。
今年のますますのご活躍に期待です。
posted by assai at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

会員3名が函館音楽協会奨励賞受賞!

平成24年度函館音楽協会奨励賞の発表がありました。
クレアシオン会員の
 ソプラノ 増田朗子氏
 ピアノ  中田久美子氏
 ピアノ  類家 唯氏
がそれぞれ受賞しました。


続きを読む
posted by assai at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

チケット予約を締め切らせていただきます。

vol.74 バロック・クリスマス
のチケットご予約を締め切らせていただきました。

ありがとうございます。

では、明日のご来場をお待ち申し上げております。
posted by assai at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

代表が文団協の青麒章受章!

先日の新聞で発表になりましたが、
クレアシオンの代表、畑中一映氏が
函館市文化団体協議会から今年度、「青麒章」を受章しました


「消化器内科医として市内の病院に勤務する傍ら1月の第13回ショパン国際ピアノコンクールアジア大会アマチュアソロB部門でただ1人金賞を受賞した実績が評価された」

とのことです。

「白鳳章」と「青麒章」とは…
函館市文化団体協議会が、昭和57年から、
独自の表彰制度により制定しているもので、
白鳳章は、
函館の文化芸術の発展に寄与した団体・個人に贈っているもの、
青麒章は、
その年に優れた実績を残した団体・個人に贈っているものです。



posted by assai at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

完売御礼

明後日に控えました72回目の演奏会ですが
本日、チケット完売いたしました。
ありがとうございました。

posted by assai at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

旧公会堂でプロムナードコンサート

クレアシオン会員の類家唯氏が
平成24年5月11日(金)〜9月28日(金)までの
8月17日(金)を除く毎週金曜日(20回)
函館区旧公会堂にて30分コンサートをやっているそうです。
一日2ステージ。

入館料を払って入れば、演奏を聴くのは無料です。

「建物を見学しながら生演奏を」ということで始められるそうですが、
これは、観光客だけでなく地元のクラシック愛好家にとっても嬉しい企画です。

詳しくはこちら⇒公会堂プロムナードコンサート

入館料金は
【大人】300円
【学生・生徒・児童】150円
【未就学児】無料

ですから、こんなに安い金額で旧公会堂の建物を楽しみつつ
30分の類家氏の演奏会をたっぷり楽しめるというのは、かなりお得感があります。

どうぞ足をお運びくださいませ!
posted by assai at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

小川進氏が国家資格「ピアノ調律技能検定試験1級」に合格!

クレアシオンでピアノ調律を担当していただいている小川進さんが、
この度はじめて行われた国家資格「ピアノ調律技能検定試験1級」に合格されました。
1級は、合格率13%という難関で、函館ではただ一人の合格者です。
クレアシオンとしても大変嬉しく名誉なことですので、
ここに紹介させていただきました。

国家資格「ピアノ調律技能検定試験1級」とは

調律師 小川進さんのHP⇒小川ピアノ工房


posted by assai at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

vol.71コンサートチケット完売のお知らせ

2012年3月25日(日)開催のvol.71『春の祭』ですが

チケット完売いたしました。

当日券の販売予定もございません。

ありがとうございました。

posted by assai at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

クレアシオン代表から受賞謝辞です

受賞謝辞

代表 畑中一映


 函館音楽協会奨励賞を受賞し、大変光栄に思っております。

 今日は会員11名がこの授章式に出席していますが、クレアシオン団体として受賞出来たことの実感が日ごとに増し、本当に嬉しく思っております。
 
 若手音楽家集団として1994年に発足したクレアシオンですが、18年の月日が経ち、中心メンバーはすでに若手ではなくなり、今回受賞に際して提出した団体プロフィールからは「若手」を削除しました。

一方、この数年、海外で研鑽を積まれた素晴らしい若手メンバーの入会も多くあり、これからも良い雰囲気の中、質の高い音楽を提供して参りたいと考えております。

 クレアシオンはこれまでに70回の演奏会を開催してきました。
私、畑中一映は2007年夏の第52回から代表を務めています。
それまでは現在、函館音楽協会幹事長を務めておられます高橋吉隆さんと引地桂子さんによって企画・運営されていました。
発足以来、寺中哲二先生に顧問として関わって頂き、大変お世話になったことも聞いております。

 年4回の開催というのは大変なこともありますが、お客様からの賞賛が励みになり、また継続の力となっています。

3月25日(日)には「春の祭」と題して第71回演奏会を開催します。
今後とも、皆様方のご指導ご鞭撻を、どうぞ宜しくお願い致します。
posted by assai at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

新聞記事

■クレアシオン 平成23年度函館音楽協会奨励賞受賞記事
(北海道新聞)
DVC00309.jpg

■クレアシオン代表/畑中一映
ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 金賞受賞記事
(北海道新聞 みなみ風)
DVC00311.jpg
posted by assai at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

代表/畑中一映がショパン国際ピアノコンクールin ASIAにて優勝


hatanaka.jpgクレアシオン代表のピアニスト畑中一映が、1月12日東京にて開催されました、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会アマチュアソロB部門において、優勝しましたのでお知らせいたします。
 これまで学生時代より多数のコンクールで道代表・全国大会入賞などを果たし、その演奏は、国際レベルの技術水準を有し、明晰な楽曲分析に基づいた豊かな感情表現をバランス良く配した高水準のものです。
 今般、開催されました第13回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAは、ショパン国際ピアノコンクール in ASIA組織委員会が主催する大規模なピアノコンクールで、優美かつ華麗なショパンの音楽を通じて国際レベルのすぐれた演奏家を発掘・育成することを目的としています。
 畑中一映は、全国37地区で行われた地区大会のうち
2011年11月3日 青森アウガAV多機能ホールにおいて開催された青森地区大会で特別金賞を受賞
2012年 1月6日 横浜みなとみらい小ホールで開催された全国大会で金賞・代表となってアジア大会に進み、
2012年1月12日 東京昭和音楽大学 ラ・サーラ・スカラで開催されましたアジア大会において、アマチュアソロB部門でただ一人金賞を得て、アマチュアB部門優勝となりました。同コンクールではアマチュア部門にAとBがあるが、難易度では演奏時間の長いBが格上となっていることから、Bで金賞を単独受賞した畑中一映が実質的にアマチュア部門を制したことになります。
 このコンクールでは、プロフェッショナル部門、小学生部門、中学生部門、高校生部門、大学生部門、一般部門、コンチェルト部門の他に、現在ピアノを専門としている学生、ピアノ科を卒業した方を除く、ピアノ愛好者を対象とするアマチュア部門があります。アマチュア部門の中にはソロA部門とB部門があり、A部門は10分程度ショパンの独奏曲、B部門は20分程度の自由曲に対して審査するものです。ショパン国際ピアノコンクール審査委員長や審査員経験者を含む国際的なピアニストが審査員となっています。

畑中代表は個人で昨年平成22年度函館音楽協会奨励賞、代表をつとめるクレアシオンがこのたび平成23年度函館音楽奨励賞を受賞しています。

ショパン国際ピアノコンクール in ASIA
http://www.chopin-asia.com/

posted by assai at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする